大滝の草花



2008年の大滝の草刈りの時に、伊藤弘治さんが撮影した草花の写真です。
(2008年5月)

大滝山神様と可憐なノコンギク(野紺菊)またはヨメナかも・・・。
ノコンギクは葉の両面に毛が生えていて、ヨメナの葉には毛が無いそうです。


同上


花が終わり頃のノコンギク(野紺菊)またはヨメナ


タデ科のミゾソバ
 葉がソバの葉に似ていて、道端の水がチョロチョロ流れる溝を好んで
繁殖するのでミゾソバ(溝蕎麦)と名付けられたそうです。
<  ソバもタデ科の仲間です  >


同上


タデ科のミズヒキ
花がお祝いの時に使う「水引き」に似ているところからの命名です。


タデ科のヤナギタデ


同上
葉が柳の葉に似ているのでこの名が付きました。


斑入りヤブラン
これは街中でも見かけます、多分昔大滝で庭に植えられていたものが
家屋が朽ち果てた後も、けなげに元気に自生したものと考えられますね。
ランと名前が付いていますが、ランの仲間ではなく、ユリ科の植物です。


オミナエシ (女郎花)
女郎花は何となくイメージが悪いですが、昔は美人を女郎と言ったそうです。


ヒメシラスゲ (カヤツリグサ科)


アメリカセンダングサ
元々は帰化植物ですが日本の山野に馴染んで自生しています。
種が洋服にひっつくので子供のころに『ひっつき虫』と呼んで遊んだ記憶が有ります。




2009.8.15 伊藤弘治さん撮影


芒(ススキ)


オオハンゴンソウ (キク科)
繁殖力が旺盛な帰化植物で、セイタカアワダチソウと同じく嫌われ者のようです。
箱根地域では日本古来の植物を駆逐するので、環境省が駆除に乗り出しています。




芙蓉
昔は庭先に植えられていたものが野生化したと思われます。


紫陽花(アジサイ)
山紫陽花とは違うので、これも廃村後に野生化したものです。


赤座(アカザ)






トップへ
トップへ
戻る
戻る