2009年晩秋の大滝



大滝会の役員有志の方達が11月3日の芋煮会の前準備として、西川橋から上の旧道(万世
大路)を歩けるように道の整備をしてきた時の写真です。
  昔は大人は山仕事に、子供は魚獲り、あけび採り等で元気に駆け回った懐かしい道も廃郷
後30年以上たち、草木が生い茂り、道はふさがれていますが、そこかしこに昔を思い出させる
ものが感じられるはずです。

写真は伊藤弘治さんが撮影してくれました。


長老沢から万世大路

我が家が有った付近


旧西川橋からの旧道(万世大路)入り口付近


笹に覆いつくされていますが、昔の道の広さを感じます。


行く手をツタに阻まれています。


旧道の形が分かりますね。


道造り(木村義吉さんかな?)


道造り(渡辺正義さんかなぁ?)


途中の紅葉




猪沢から紅葉を眺む。


あゆいまつー1


あゆいまつー2


あゆいまつー3


あゆいまつー4


あゆいまつー5


あゆいまつー6
崩落した砕石に埋め尽くされてしまい、昔トラックが通った道とは思えません。


小川


岩魚が居た川


岩魚の産卵現場


熊が折った栗の木の枝


熊が食べ散らかして折れた栗の木の枝


整備して広く、歩きやすくなった旧道(万世大路)−1


整備して広く、歩きやすくなった旧道(万世大路)−2


赤く色付いた『山こんにゃく』の実  正式名…天南星(テンナンショウ)…猛毒です。




東北中央自動車道(高速道路)を望む


晩秋の大路橋(おおじばし)(国道13号線)付近





トップへ
トップへ
戻る
戻る