初秋の大滝の草木達 2010年9月



 9月19日の午後、大滝会事務所で役員改選や芋煮会の日程の相談のため、大滝会の主な幹事の皆さんが大滝に
集合しました。 その帰りに伊藤弘治さんが大滝の秋の草花や木の実などの写真を撮ってきてくれました。
写真の説明も伊藤さんによるものです。

トリカブトの花(猛毒ですが綺麗な花です)
同左
トリカブトの花…幹が垂れ先端に花が咲いています、白いのはつぼみです。
猛毒のトリカブトの葉を食べて成長する蝶の幼虫(中央の黄色…名前不明)
歩くのが邪魔なくらい繁茂したミズナ(ウワバミ草)
カヤの幼木とツワブキのような葉の草(名前不明)
ツクバネの木・・・大滝名: 羽子板の木
同左…実と周りのガクが羽子板の羽根のようです。
オヤマボクチ(大滝名: ごんぼっぱ・ヤマゴボウ)の花と思います。
                  同左の実 
ボクチとは火口のことでこの草の葉の裏の白い毛を集めて火種にしたことに由来するそうです。
大きく葉を広げた本タラの木…新芽は山菜の王様「タラの芽」
夏の暑さに負け、今年は栗が不作です。
山シドキ(シドケ・・・美味しい山菜です。 若芽はトリカブトと似ているので注意
イラ草(山菜のアイコ)の仲間のようですが正式名??
『大滝分校の集い』で記念植樹した桜も元気に育っています。
アジサイの花の終わり頃
ヒメ金水引・・・バラ科
オオバギボウシの花…新芽の葉はウルイ(山菜)
山の獣の食害・・・鹿??
水引・・・タデ科
国道13号線脇(栗子附近)で咲き誇る山萩
国道13号線脇(栗子附近)で咲き誇る山萩…(柾木さんと光義さん)
国道13号線栗子附近…坂を下ると栗子トンネルです。
同左
大滝記念碑の周囲の草取りをする紺野会長
同左



戻る
戻る