H22年秋の万世大路探索行-1



 11月6日(土)に木村義吉会長、高野英治さん、伊藤弘治さん、鹿摩貞男さん、渡辺光義さん
の4名が秋の万世大路を探索されました。
 前々日には飯坂温泉街に「月の輪熊」が出たというニュースもあり心配して居ましたが、好天
に恵まれ、幸い熊に遭遇することもなく秋の大滝から栗子トンネル福島側入口までじっくりと探
索されたそうです。

  以下に鹿摩さんのコメントを添付いたします。
   平成22年11月6日(土)、大滝会メンバーにより栗子隧道(福島側)方面を中心に、前回(5月22日(土))の
  追加調査を行った。その際に伊藤弘治さんが中心になり写真撮影をおこない、鹿摩貞男が一部追加撮影を
  おこなっている。
   その写真について主に鹿摩貞男がコメントを附した。コメントするに際しては、コメントしやすいように全体写真を
  いくつかグループ分けした。   原則的には、伊藤氏撮影写真は線的に撮影していったのでルート別に分類し、
  鹿摩撮影写真はピンポイント的に撮影しているので、箇所ごとに分類した。
____________________________________________________________________________________________________________________________

写真説明は全て鹿摩さんのご提供です。
******************************************************************************

【 伊藤弘治さん撮影分 】

東栗子トンネル〜〜旧飯坂スキー場工事用道路
  東栗子トンネル福島坑口付近、旧飯坂スキー場工事用道路の万世大路登り口および取り付け道路付近。

@東栗子トンネル(福島側坑口、換気所)

A坑口(右側)の紅葉


B坑口(右側)の紅葉


C東栗子Tu左側渓谷(小川)の紅葉


D米沢側を望む


E東栗子Tuから福島側を望む


F旧飯坂スキー場工事用道路(起点)登口


G工事用道路終点(左軽自動車の位置)、旧万世大路とのT字交差点


HT字路から旧万世大路福島側側を望む


IT字路から旧万世大路米沢側を望む


B名無し沢上流部


C名無し沢上流部


D名無し沢下流部


E名無し沢、万世大路流入箇所


『萬世大路事業史』の「中野新道雑記」にある金山沢と推定される
F金山沢か、その上流部


G金山沢、万世大路流入部


H金山沢、上流部


I金山沢、万世大路へ流入、福島側を望む


J金山沢、万世大路へ流入、米沢側を望む


K金山沢付近、米沢側を望む


L名無し沢〜金山沢間、山野草(シロヨメナ)


M御(オソ)沢米沢側付近、旧万世大路


Nオソ沢の土橋


Oオソ沢土橋点検


Pオソ沢土橋起終点に立つ


Qオソ沢上流部


Qオソ沢上流部


R御(オソ)沢下流部


S-0 : オソ沢福島側附近、6番目カーブ米沢側


S-1 : 旧森元巡査慰霊碑跡附近


S-2 : 旧森元巡査慰霊碑跡附近


S-3 : 旧森元巡査慰霊碑跡附近


S-4 : 森元から米沢側へ進む


S-5 : 礫岩・かつて二枚貝の化石出土


S-6 : 礫岩・かつて二枚貝の化石出土


S-7 : 礫岩・かつて二枚貝の化石出土

続く



戻る
戻る
H22年秋の万世大路探索行-2
H22年秋の万世大路探索行-2